バストの質感は十人十色ですよね。

人によっては硬い人もいますし、逆に柔らかい人もいます。

 

でも、柔らかいバストは横に流れてしまって大変ですよね。

あまり気にしない人もいるかもしれませんが、柔らかいバストが横に流れてしまうのは危険なんです・・・。

 

危険を回避するためには、寝ている時に対策をするのが効果的なんです。

そうすることで、効果的なバストケアをすることが出来て、美しいバストを保つことができるでしょう。

 

この記事では、柔らかいバストが横流れると危険な理由と寝ている時のオススメの対策をお伝えしていきます!

 

柔らかいバストが横に流れる!

柔らかいバストが横に流れると危険!?寝ている時の対策がバストケアの秘訣!!

バストが柔らかいと流れてしまって悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

流れてしまったバストはとてもじゃないですが、人に見せられるようなものではありませんよね・・・。

 

仰向けになると左右に流れますし、かと言って横向きになるとさらにひどいですし。

なんとかしようと思ってもどうすれば良いのか分からずに困ってしまいますよね。。

 

せめて、普通のバストの形にまでしたいと思う人も多いと思います。

以前までは適度なハリがあったのに柔らかくなってきたという人もいるのではないでしょうか。

 

そんな時に『そもそも、硬いバストと柔らかいバストって一体何が違うの?』と感じる人はいると思います。

まずは、バストの硬さと柔らかいバストの違いについて見ていきましょう!

 

そもそも柔らかいバストと硬いバストの違いとは?

バストは人によって硬さが違いますし、自分のバストであっても気がついた時には柔らかくなっている。

なんてこともあると思います。

 

バストの柔らかさを決めているのは乳腺と脂肪の比率です。

 

バストに乳腺が多くて脂肪が少なくなると硬いバストに。

逆に、乳腺が少なく脂肪が多い場合は柔らかいバストになります。

 

思春期を思い返してみて欲しいのですが、バストが大きくなり始めた頃は硬い人が多かったのではないでしょうか?

これは、思春期のバストは乳腺が発達しやすく脂肪がまだ追いついていないために硬くなることが多いんです。

 

思春期からの成長に伴ってバストが柔らかくなるのは自然なことなので、気にする必要はありません。

ですが、大人になってから以前と比べてバストが柔らかくなってきている場合は注意が必要です。

 

バストが柔らかくなってきたら危険信号!

大人になってからバストが少しずつ柔らかくなってきていると場合、それは危険信号です。

というのも、バストエイジングが進むことで乳腺が退化してしまい、脂肪の割合がどんどん増えてきているんです。

 

つまり、ただ柔らかいだけのバストになってしまい、重力に抵抗することが出来ずに流れやすくなってしまうんです。

 

気がついた時にはバストが垂れていた・・・

なんてこともあります。

 

柔らかいバストを放置するとバストが小さくなることも!

驚く

もし、あなたのバストが柔らかくて横に流れてしまう状態だとしたら、流れやすくなる以外にも危険が迫っているんです・・・。

そのまま放置してしまうと最悪の場合、バストが小さくなります。

 

というのも、本来なら厚みがあるバストが横に流れてしまうことで、どんどん薄くなっていくんです。

中にはDカップ程あったにも関わらずAカップほどの見た目になってしまった人もいるんだとか。

 

また、離れ乳になってしまい、バストが左右に離れてそれぞれ外側を向いてしまうことも。

 

一度、離れ乳になってしまうと元に戻すの難しいと言われているので、症状が起こってから対処するのではなく予防をすることが一番の対策といえるでしょう。

そもそも、バストが流れてしまう原因とは一体何故なのでしょうか?

 

柔らかいバストが横に流れる理由とは?

バストが横に流れてしまう原因は複数考えられます。

 

原因①サイズの合わないブラを着用

自分のバストのサイズよりも小さいブラを着用してしまうと、バストを圧迫してしまいます。

バストは圧迫され続けると脂肪が左右に流れてしまい形がどんどん崩れてしまいます。

 

また、形が崩れるだけではなく、バストの垂れ下がりにも繋がってしまうので、下着を買う際は一度、お店でサイズを測るのがよいでしょう。

 

原因②大胸筋の衰え

大胸筋はバストの土台となっている筋肉です。

 

簡単にバストを構成しているものを挙げると・・・

  1. 大胸筋
  2. クーパー靭帯
  3. 乳腺
  4. 脂肪組織

この4つからバストは構成されています。

 

そして、大胸筋が衰えてしまうとクーパー靭帯と呼ばれるバスト支えている部分の力が弱まってしまい、バストが流れやすくなってしまうんです。

そのため、大胸筋を鍛えることでバストが横に流れることを防ぐことが出来るんです!

 

大胸筋を鍛えると言っても・・・

貧乳は遺伝が原因!?実は食生活が大きな要素を占めるとは・・・

大胸筋を鍛えることでバストが横に流れるのを防ぐことが出来るとはいっても、大胸筋を鍛えるのって簡単なことではありませんよね。

腹筋とかであれば、簡単にできますが、大胸筋を鍛えるのって、それこそアスリートや運動習慣のある人出ないと敷居が高いです。

 

大胸筋を鍛えるメジャーな運動と言えば、腕立て伏せなどがありますが、正直かなりきついトレーニングですよね。

きつい運動ってやり始めた頃は良いかもしれませんが、続けるのが難しいので途中で断念してしまうこともあるでしょう。

 

『バストケアにはマッサージがいいんじゃないの?』と思うかもしれませんが、柔らかいバストにマッサージは逆効果になってしまうこともあるんです。

 

バストマッサージには注意が必要!

バストケアにはマッサージが効果的とされていますよね。

でも、柔らかいバストをマッサージしてしまうと逆効果になってしまう可能性もあるんです。

 

そもそも、バストマッサージが効果的とされている理由はマッサージすることで乳腺を刺激して、女性ホルモンが分泌されて大きくなるとされています。

ですが、実際にマッサージをするとバストを支えているクーパー靭帯が伸びてしまったりする危険性があるんです。

 

そのため、バストを支えきれなくなって、ますます流れやすくなってしまいます。

また、マッサージすることでバストの脂肪が燃焼しやすくなるんです

 

バストの大きさは乳腺と脂肪が関係しているので、その脂肪がなくなってしまうと・・・

バストが小さくなってしまいます!

 

バストマッサージの効果があるという声もアリますが、このような危険性を考えた場合はマッサージは控えたほうが良いでしょう。

もしする場合は、バストをやたらとマッサージするのではなく正しい方法で行うのが良いでしょう。

 

注意点として、力を入れすぎてしまうとクーパー靭帯を傷つけてしまい、逆効果になってしまいます。

 

バストマッサージの動画

大胸筋、小胸筋といったバスト周りの筋肉をほぐしたり、背中に流れてしまったバストを元に戻す効果や猫背の改善にも効果を期待することが出来ます。

お風呂上がりなどの筋肉が温まっている状態で行うのがおすすめです。

 

柔らかいバストが横に流れるのを防ぐためには?

柔らかいバストが横に流れしまうのを防ぐためには大胸筋を鍛えるのが効果的となっていますが、その他、普段の食生活や姿勢を気をつけることも効果的です。

食生活を改善することで、バストのハリを取り戻すこともできるんです。

 

対策①食生活の見直し

食事とバストは密接なつながりがあるんです。

普段の食事からバストの栄養になる栄養を摂取しておくことで、バストの老化を防ぐことが出来て流れてしまうのを防ぐことが出来るでしょう。

 

バランスの良い食事をするのはもちろんですが、特に摂取しておきたいのは・・・

  • タンパク質
  • ビタミン類
  • イソフラボン
  • ボロン

これらの栄養素です。

 

タンパク質は体を構成する最も大切な栄養素なので、毎日不足することなく摂取しないとクーパー靭帯が弱くなってしまいます。

ビタミン類は摂取することでコラーゲンを作り出すことが出来るので肌にハリを戻すことも可能です。

 

イソフラボンとボロンは女性ホルモンの分泌と働きを高めてくれます。

 

女性ホルモンはバストの乳腺を刺激したりハリを保つために必要なものなので、積極的に摂取しましょう。

豆乳キャベツに多く含まれているので、いつもの食事にプラスしてみるのも良いですよ!

 

対策②姿勢を正す

姿勢が猫背になっている方は姿勢を正しましょう!

猫背になってしまうと、バストの土台となっている大胸筋が衰えてしまうんです。

その結果、バストが流れやすくなってしまいます。

 

それだけでなく、バストの血流が悪くなってしまうのでバストに必要な栄養素や女性ホルモンが届きづらくなってしまうんです。

 

そのため、普段から背筋を伸ばすことを意識しましょう!

 

対策③寝ている時のバストケア

寝ている時のバストケアを忘れがちな人もいると思います。

 

よく考えてみてほしいのですが、一般的に言われている平均睡眠時間は6.5~7.5時間です。

つまり、1日の約4分の1は寝ていることになります。

 

その間、バストケアをしないということがどれだけ危険な行為なのか想像付きますよね。

なので、起きている時は多少なりともバストケアを意識できますが、寝ている時に意識することは出来ません。

 

そのため、寝ている時に対策することこそがバストケア成功の秘訣といえるんです。

 

寝ている時の対策とは?

では、具体的にどういった対策を取るのが良いのか。

対策をしないと寝ている時の柔らかいバストは無防備状態となってしまい重力に負けて横に流れてしまいます。

 

また、ブラジャーを付けていない状態で寝返りを売ってしまうとバストは過度に揺れ動いてしまい、クーパー靭帯が伸びてしまうんです。

その結果、ますますバストが横に流れやすくなってしまいます・・・・。

 

対策方法に気がついた方もいるとおもいます。

寝る時の対策とは・・・・

 

寝る時もブラジャーを着ける!です。

ですが、柔らかいバストの場合は普通のブラジャーをつけていたとしても高い効果は望めないことが多いです。

 

既に柔らかくなってしまったバストの場合は、寝ている時に着用する専用のブラジャーがあるんです。

専用のブラジャーとはナイトブラというグッズになります。

 

ナイトブラは普通のブラジャーとは違うの?

 

『ナイトブラは普通のブラジャーと何が違うの?』と感じていると思います。

通常のブラジャーは寝ている時に着用することを考えて作られていないので、息苦しさを感じたり、睡眠の邪魔になることもあります。

 

そうなると質の高い睡眠を取ることが出来ずに、女性ホルモンが上手に分泌されずにバストケアの意味がありません。

ですが、ナイトブラの場合は睡眠に影響を与えることがないので、寝ながらバストを支えながらも室の良い睡眠を取ることができるんです。

 

もし、ブラジャーを付けて寝るのが苦手という人はナイトブラというグッズを使ってみることをオススメします。

 

まとめ

マシュマロヴィーナス

今回は柔らかいバストが横に流れてのは危険信号ということ、寝ている時の対策こそがバストケアの秘訣ということをお伝えしました。

もし、あなたのバストが以前よりも柔らかくなっていると感じた場合は危険信号ですので、手遅れになる前に対策をすることをオススメします。

 

対策方法を複数紹介しましたが、その中でも一番油断しやすい寝ている時に対策をするのがバストケア成功の秘訣です。

 

通常のブラジャーを着けるよりも専用のグッズを使う方がより効果的にバストケアをしていくことが出来るので、バストが流れている事にお悩みの場合は使ってみてはいかがでしょうか。

 

いずれにせよ、放置だけではしないようにしましょう!