もしかしたら、色々なバストアップサプリメントを調べている中で

『マシュマロヴィーナスを飲むと副作用があって危険!?』

という噂や口コミを目にしたことがあるのではないでしょうか。

 

それに、生理中の女性はとってもデリケートなのでマシュマロヴィーナスのようなサプリメントを生理中に服用しても大丈夫なのかということが気になりますよね。

せっかく、理想のボディを手に入れるために服用したのに副作用が起きてしまうと意味ありませんから・・・。

 

今回、あなたの疑問を解決するためにマシュマロヴィーナスに副作用があるのか、生理中に服用してもいいのかについてお伝えしているので、確認してみてくださいね!

 

サプリメントってやっぱり不安だよね!?

マシュマロヴィーナスに限らず、サプリメントを服用する時って副作用が心配ですよね。

いくら効果があるサプリメントだとしても副作用があったらやっぱり服用はしたくないですから。。。

 

でも、マシュマロヴィーナスって実際に多くの人が使用していますし、モデルさんもオススメしているので本当に副作用があるのか疑問に感じてしまいますよね。

あなたはマシュマロヴィーナスを服用したいけど、『副作用が危険』などの噂を聞いて心配になんだと思います。

 

そこでしっかりとマシュマロヴィーナスについて学んでいくことが重要です。

マシュマロヴィーナスにはどのような成分が入っているのかを一緒に見ていきましょう。

 

マシュマロヴィーナスの有効成分は?

当然ですが、マシュマロヴィーナスにはバストアップをさせるための有効成分がいくつも含まれています。

  • 発酵プエラリア
  • アグアヘ
  • ワイルドヤム
  • チェストツリー

この4種類がマシュマロヴィーナスに含まれている特徴的な成分となっています。

 

有効成分①発酵プエラリア

希少性の高いプエラリア。

プエラリアは女性にの味方である成分のイソフラボンを豊富に含んでいるんです。

なんとバストアップに効果的だと言われている大豆の40倍にも及ぶんだとか。

 

イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似たような働きをするのでバストアップに効果的な成分として有名です。

そしてプエラリアは、発酵させることで栄養成分と吸収率が高くなった発酵プエラリアになります。

 

有効成分②アグアヘ

南米で採取されるフルーツ。

 

アグアヘには

  • 植物性エストロゲン
  • コフェロール
  • アスコルビン酸

主にこれらの代表的な成分が含まれています。

3つの成分はどれも女性をキレイにしてくれる働きがあるんです。

 

有効成分③ワイルドヤム

メキシコで採れるヤマイモの一種であるワイルドヤム。

ワイルドヤムに含まれているジオスゲニンは、女性ホルモンのプロゲステロンと似た働きをする成分となっています。

こちらもバストアップに効果的な成分となっています。

 

有効成分④チェストツリー

チェストツリーは、欧州で昔から女性の不調の改善に使われていた歴史を持っています。

摂取することでホルモンバランスの乱れを整えてくれる効果があるんです。

 

マシュマロヴィーナスには、ここで紹介した成分以外にも多数含まれています。

そのため、高いバストアップ効果が期待できるんです。

 

マシュマロヴィーナスに副作用はあるの?

マシュマロヴィーナス副作用

マシュマロヴィーナスには様々な成分が入っているので、副作用が心配になりますよね。

 

マシュマロヴィーナスの副作用として言われているのが

  • 生理痛の悪化
  • 月経前症候群の悪化
  • 生理不順
  • 不正出血
  • 吐き気
  • 頭痛

こういった副作用が報告されています。

 

ただ、これらの副作用が起こる原因のほとんどが過剰摂取です。

早く効果を感じたいからと、一度に規定量以上を服用してしまうとこういった副作用が起こる可能性があります。

 

そのため、マシュマロヴィーナスに副作用の元となる成分が含まれているわけではないんです。

 

マシュマロヴィーナスは危険?

先程と話しが似てしまいますが、「マシュマロヴィーナスには多種多様な成分が入っているので危険がある」とする声もあります。

ですが、マシュマロヴィーナスが危険ではなく服用方法に問題があるんです。

 

いくら体に良い成分だとは言っても、過剰摂取をしてしまうと毒になることだってあります。

なので、危険を回避するためにも過剰摂取には気をつけて、必ず規定の量を守って服用しましょう。

 

特に、生理中の服用には気をつけないといけません・・・。

 

 

生理中に服用してもいいの?

生理中にマシュマロヴィーナスを服用する場合は規定量を必ず守るようにしましょう。

 

というものの、生理中は女性ホルモンの過剰分泌を避けなければいけません。

なぜなら過剰に分泌されると体調を崩してしまうんです・・・。

マシュマロヴィーナスに入っている発酵プエラリアは女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをします。

なので、生理中にマシュマロヴィーナスというかバストアップサプリを飲むことはやめたほうがいいですね。

 

 

生理中に分泌される女性ホルモン

生理中に分泌される女性ホルモンには

  • エストロゲン
  • プロゲステロン

この2種類があって、それぞれ役割が異なります。

 

エストロゲンは女性らしい見た目を作るために働くので、バストアップや美肌とも深い繋がりがあります。

プロゲステロンは早産や流産を防ぐ働きがあり、主に妊娠のために働きます。

 

マシュマロヴィーナスを過剰に摂取するとエストロゲンが過剰になり、副作用として体に副作用が生じてしまいます。

なのでもう一度お伝えしますが、そもそも生理中は女性ホルモンのエストロゲンが分泌されているのでマシュマロヴィーナスを摂取することは、おすすめしておりません。

 

 

生理中の危険を回避するためには?

一応規定量を守っていれば、生理中にマシュマロヴィーナスを服用する事はできますが、規定量を守っていても体に違和感を感じることもあります。

なので、生理中の服用はおすすめしておりません。

ただ、どうしても摂取したいということであれば服用量を少なくして慣らしてみるのもいいと思います。

 

毎日飲んでいた場合は1日おきに飲んでみたり、3日に1回飲んだりするなど工夫をすることで生理中も安全に服用し続けることが出来る人もいるようです。

 

私の経験から生理中は、飲まないというのがベストでありました。

でも、マシュマロヴィーナスの服用を途中でストップすると『効果がなくなってしまうのでは?』と心配になる人もいるでしょう。

なのでマシュマロヴィーナスを摂取してだいたいどのくらいで効果を実感することができるのかをお伝えしていきます。

 

 

効果を実感するまではどのくらいかかる?

マシュマロヴィーナスを飲んでみて、どのくらいの期間で効果を実感することが出来るのでしょうか。

 

目安として言われているのが最低でも2ヶ月、遅い人だと6ヶ月は必要とされています。

ちなみに、マシュマロヴィーナスの効果を実感している人の多くはとにかく継続して少しずつ効果を実感しているといいます。

 

このことからも、マシュマロヴィーナスは即効性を期待するものではなく継続して利用することが大切ということがわかりますよね。

なので、短期間で効果を出すために過剰摂取をしても効果が出ないし、副作用の危険もあってメリットはありません。

 

ちなみに、生理後から排卵日までの期間にマシュマロヴィーナスを服用することで女性ホルモンが活発になってより高い効果を発揮するようです!

 

その期間は絶対忘れずに服用しましょうね。

 

まとめ

マシュマロヴィーナス

マシュマロヴィーナスは副作用があって危険とする声もありますが、副作用が起きてしまう人は過剰に摂取していることがほとんどです。

そのため、規定量を守って服用していれば副作用を心配する必要はありません。

 

また、生理中の服用に関してですがこちらも過剰摂取をしなければ副作用の心配をする必要はありません。

ですが、人によっては違和感を感じてしまうことがあるかもしれません。

 

違和感を感じた場合は少し服用量を減らすなどして、量を調整をすることで副作用が起こる可能性を避けることが出来るでしょう。

マシュマロヴィーナスを安全に服用するための一番のポイントは過剰摂取を避けることです。

 

効果が現れるまでは最低でも2ヶ月から6ヶ月は必要とされているので、長期的な視野を持って毎日コツコツと続けていくことで、あなたの理想のボディが手に入ることでしょう。